楽しめる人は楽しめる宇宙探索ゲーム「No Man`s Sky」

探索好き…宇宙が好き…ならNo Man’s Sky

ノーマンズスカイのゲーム画面

 

ノーマンズスカイは非常に広大です。今までプレイしてきたゲームで最も広大なマップを持つゲームといっても良いでしょう。なんせ舞台が宇宙空間と1800京以上の惑星から成り立っています。それなのにファイルサイズはPC版だと約3GB程度。この軽さの理由はプロシージャル生成と呼ばれる自動で惑星を作る技術が入って言うからだそうです。

 

このゲームのやるべきことは本当に単調です。そのため面白いと思える人は限りないかもしれません。資源を見つけて確保してアイテムに補充したり、宇宙ステーションと呼ばれる場所などで取得したアイテムを売りユニットと呼ばれるゲーム内通貨を稼いでより良い宇宙船を手に入れたりしてひたすら広大で無数にある惑星を探索するゲームとなります。

 

一応、ストーリーはあるのですが宇宙の中心を目指すか、アトラスと呼ばれる人物の軌跡を追うようなストーリーがあります。どちらにせよストーリーはメインストリームではなく宇宙を探索して自分なりの楽しみ方を見つけるのがノーマンズスカイの楽しみ方になります。

 

PvP、PvEゲームなどの熱い対戦要素なども皆無です。たまに監視ロボット、惑星にいる生物に襲われたりしますが本当に極たまにです。基本的には景色を楽しみ、生物の行動を楽しみ、生存するための資源を確保を繰り返していくゲームとなります。

 

発売前から非常に注目されていたゲームですがSteam等のレビューは賛否両論といった形です。異常なまで期待値が上がっていたゲームですが蓋を開けるとのほほんとしたゲームになっておりマルチプレイもなくシングル専用ゲームとなっています。一応なんだかマルチ要素は少しあるようですがプレイヤー同士が広大な宇宙空間で出会える可能性は本当に極わずかだそうです。

 

6000円とインディーゲームにしては強気の値段設定になっており概ねの評価は6000円の価値はないというのが妥当です。セールになってから購入したり今後予定されている大規模アップデートなど入りゲーム性が変わってから購入した方が楽しめるゲームと言えます。