プレイしたPCゲーム大図鑑

家庭用ゲームに飽きたらPCゲームでしょ!

家庭用ゲーム機の代表格であるPS4も確かに面白いソフトが充実して賑わっています。しかし、PCゲームの特徴は海外のインディゲームが多くタイトルの数が違う。Steam等のゲームプラットフォームが充実しており手軽、気軽にゲームを購入することができます。特にPCゲームはセールになると本当に中古ソフト以上に価格が下がります。Steamセールを狙って大量にゲームタイトルを購入する人も多いです。

 

ぜひ、家庭用ゲームに飽きたらPCゲームに移り住みましょう。映像処理に強いグラフィックボード搭載パソコンであればPCゲームを快適にプレイすることができます。格安PCに比べると本体価格は高くなりますがゲームができて普通の使い方もできるのでパソコンを新調しようと考えている人はぜひこれからはゲーミングPCを狙うようにしましょう。そうすれば一生分のゲームを手に入れたようなものです。

安くて面白い!Steamおすすめゲーム集

安くてボリュームもあって楽しめる。そしてPCゲーマーなら一度はお世話になっているはずのSteamで手に入れることができるおすすめゲームを紹介。定価もコンシューマーのソフトを買うより安く満足度は高いゲームを厳選しています。

 

気になった方はデスクトップのSteamアイコンをクリックしてストアでぜひ調べて検討してください。

 

How to Survive2

ゾンビサバゲーHTS2

 

最初のノミネートはゾンビサバゲーであるHow to Survive2です。続編になり早期アクセス段階のゲームですが製品版並にボリュームもあり作りもしっかりしています。Coopにも対応されており仲間とワイワイ遊ぶことも可能。もちろんシングルメインでも十分な満足度を得られることができます。

 

クエストレベルを上げてプレイすると大量のゾンビに追い掛け回されて緊迫感もあり。セール時には1000円以下で手に入れることができる優秀なゲームです。日本語対応されており操作に迷うこともなし。ゾンビ+サバイバル+RPG+ハクスラを足したようなゲーム性。今後のアップデートも期待が持てます。

 

Killing Floor2

Coopプレイ中のKF2

 

こちらも同じくゾンビ狩りゲーですがFPSになっておりCoop前提で作られたゲームです。HTS2より迫力あるゾンビゲームになっており仲間同士または野良でも十分に楽しめる内容。やることはゾンビの大群が押し寄せるウェーブを規定回数クリアするだけですがCoopプレイをするとやめられない中毒性のあるPCゲームです。

 

定価は3000円くらいしますが定価でも満足できます。定価が嫌ならセールを待ちましょう。1500円程度で入手できます。FPSゲームが苦手な方も仲間と連携プレイで楽しめるゲーム。意外と判定もガバガバなのでAIM下手でもどうにかなります。Perkを駆使して大量のゾンビを狩り、気分爽快!ストレス発散もできる良ゲーです!

ゲームができるパソコンの定義

紹介したようなPCゲームをプレイするには普通のパソコンではプレイできません。基本的にブラウザゲーム以外のPCゲームになってくるとパソコンへの負荷が高く大きな処理が必要なゲームになります。そのためパソコンでゲームをやるためには以下のことを満たしたパソコンを手に入れるようにしてください。

 

  • グラフィックボード搭載
  • 高性能なCPU
  • メモリは8GB以上
  • ストレージはSSD必須

 

映像処理に強くて起動も速いパソコンを使うことがPCゲーマーが手に入れるべきパソコンの鉄則になります。基準を満たすスペックのパソコンは予算10万円〜15万円程度を考えておくと良いです。ちなみに大手家電メーカーでは基準を満たすパソコンはほとんどありません。あっても糞高いです。ゲームができるパソコンは自作するか、BTOパソコンの二択が一般的です。

 

初めての方、知識が少ない方はBTOが良いです。そしてノートPCはやめましょう。性能が低くて価格も高い。いわばコスパの悪いパソコンになります。ゲーム用はデスクトップ一択です。BTOゲーム用デスクトップを調べると安くて性能が良いパソコンがわかります。

 

ゲーム用PCは性能も高くグラフィック関連のソフトウェアも快適に動かすことができます。ゲーム用途以外も使い道は豊富なのでメーカー製PCに10万を落とすくらいならBTOパソコンで使った方が賢く有意義。性能の高いパソコンを入手できるんですよ!

気軽に一風変わったサバイバルゲームがやりたい場合はSteamで販売されている「How to Survive2」がおすすめ。セールも頻繁に行うゲームでセール時は1000円以下で手に入れることができます。ちなみに2とつくので続編です。初代How to Surviveもあり評価も高く複数のDLCも販売されています。こちらもセール時に安くなるので興味がある方は初代もプレイしてみるとストーリーや登場キャラの背景がわかってくると思います。現段階ではHow to Survive2はEarlyAccessになっています。それでも製品版じゃないの?…と感じるほどボリュームが多いです。小さいバグなどはあるようです...
Coop系ゾンビ狩りシューターのクラシックといえば「L4D2」「Killing Floor2」とPCゲーム界隈では囁かれています。度重なるアップデートをしてEarlyAccess版ながら非常に楽しめる作りになっているのがKilling Floorの続編であるKilling floor2です。実は2016年11月にPS4/PC版で正式発売が予定されています。このゲームの魅力はなんといってもグロ表現に加えて気軽にCoopができて無数に押し寄せてくるゾンビを狩っていく爽快感にあると思います。ちなみに公式で日本語対応、日本語音声になりました。字幕に関して画像を見てもらうとわかる通りにちらほら文字化けを...
弾幕STGといったゲームジャンルを知ったのはこのゲームでした。スーパーファミコンのようなグラフィック、ドット絵、2Dながらゲームの面白さはグラフィックやストーリーだけではないと私に教えてくれたゲームです。アクションゲームに慣れていない人がプレイすると初見はクソゲーと評価するかもしれない。そのくらい難しいゲームです。しかしクリアするために必要な要素、アイテムなどしっかりと準備されており操作性、アイテムの有効性を理解してくると面白さがわかってくるはず。本当に難しいけど何回でも挑戦して絶対にクリアしたくなる素晴らしいゲーム性を秘めています。ただしゲームで倒されたくない…アクション系は苦手といった方に...
テラリアってよくマインクラフトと比較されるゲームですよね。私はマインクラフトが肌に合わないのでずーっとテラリアを敬遠していました。しかし1000円以下で面白いゲームないかなぁ〜って探していると嫌でも目につくのがテラリアでした。レビューやらプレイ動画を見たらマインクラフトとは全然違うゲーム性を感知したのでSteamで購入してみることにしました。そしたら最初はクラフトできるアイテムも少ないですが意外にも面白い。そしてアイテムが揃ってくるとさらに面白くなってきます。まさに時間泥棒的ゲームでした。マインクラフトが建築などメインにしているようなイメージですがテラリアはアクション要素がありRPGのように楽...
私がプレイしてきたFPSゲームでも神ゲーと言えるのがオーバーウォッチです。TF2ライクな特徴を持ったキャラクターが複数人もおり6対6のオンライン対戦となります。通常のFPSゲームのようにただ銃を撃ちまくるだけでなくキャラクターごとに得意とする役割があり立ち回りもまったく変わってきます。オフェンス系、ディフェンス系、ヒーラー系とキャラクターがおり、偏ってもダメですし、チームが連携して攻めこまないと相手の前線を崩すのも難しくなるといったバランス性も見事となっています。このゲームを発売しているのはBlizzardと呼ばれる今まで出すゲームタイトルはほとんどがヒットとなっているゲームメーカーです。最も...
ノーマンズスカイは非常に広大です。今までプレイしてきたゲームで最も広大なマップを持つゲームといっても良いでしょう。なんせ舞台が宇宙空間と1800京以上の惑星から成り立っています。それなのにファイルサイズはPC版だと約3GB程度。この軽さの理由はプロシージャル生成と呼ばれる自動で惑星を作る技術が入って言うからだそうです。このゲームのやるべきことは本当に単調です。そのため面白いと思える人は限りないかもしれません。資源を見つけて確保してアイテムに補充したり、宇宙ステーションと呼ばれる場所などで取得したアイテムを売りユニットと呼ばれるゲーム内通貨を稼いでより良い宇宙船を手に入れたりしてひたすら広大で無...
このゲームは神ゲー、良ゲーと言えます。値段以上に楽しめるハクスラ系ARPGがGrimDawn(グリムドーン)と言うゲームです。Steamで販売されていますが2000円台。セール時は1000円台で購入することができます。たくさんワラワラと出てくる敵を爽快に倒してドロップした武器、レベルアップしてステータス強化をしてストーリーを進めていきます。戦い方も近接、遠隔、魔法と多種多様な攻撃方法があります。また難易度も複数ありやり込み要素も強いゲームとなります。プレイヤーは最初にマスタリーと呼ばれるクラスを選びます。このマスタリー選びでスキルや立ち回り方が変わるのも面白いゲームになっている理由の一つ。また...